有川浩自衛隊シリーズ三部作

  • 2015.06.21 Sunday
  • 19:27
評価:
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 720
(2010-01-23)

評価:
有川 浩
角川グループパブリッシング
¥ 761
(2009-04-25)

評価:
有川 浩
角川グループパブリッシング
¥ 761
(2008-06-25)

JUGEMテーマ:読書

私は電子書籍で読みました。出張中に読むにはぴったりの軽さ(重量も中身も)。

図書館戦争のシリーズを読んで、有川浩ってのは絶対自衛隊オタクだろうと思ったら、デビュー作はこういうシリーズだったのね。案の定、というより、知らなかった私が無知?

三作ともとっても荒唐無稽で、どっからくるの、この発想!!?って感じだが、読み物としてはとても面白く、流石は大人のライトノベル。漫画チックと言えば言える。

好きな順番で言えば、うーん、甲乙つけがたいかな。船好きとしては海の底が面白いけど、名古屋出身とすれば空の中が身近な感じだし。塩の街は一番荒唐無稽だけど、切なさはこれが一番。突っ込みどころは山ほどあるけど、ま、それはそれとして。スラスラ読みましょう。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM